カテゴリー「スポーツ」の6件の投稿

もし起こったなら・・・7月11日はどうなるの

先日のカメルーン戦の日本の勝利で盛り上がっている。
大会前は、これまでほどの盛り上がりはなかったのが、初戦の勝利で、一転、マスコミは大騒ぎし始めた。海外開催での初勝利、日本人監督の初勝利、決勝リーグが見えてきた などなど

今回も決して下馬評は高くなかったし、歴史的勝利ではあるが、かつてこんなものではすまなかった、それこそ“歴史的奇跡の大勝利”を、日本サッカー界が起こしたことがあった。
何年か前のNHKの『その時歴史が動いた』でも取り上げられていたから、ご存知の方もあろうか。

今回も大会前の練習試合では結果が出せずに、周囲はやきもきしたようだが、この時は国内の期待はゼロに等しかった。報道陣も取材していなかったほど。何せ、地元のクラブチームとの練習試合にすら、3連敗していたのだから。

1936年のベルリン五輪のこと。これは、サッカー日本代表の史上初めての世界大会に参加した時。勝った相手は何と、優勝候補の一つだった、スウェーデン代表。前半の2-0から、後半に3得点しての逆転勝利。国内ではほとんど話題にならなかったようだが、全く考えられない大どんでん返しだったようだ。

こんなこともあるのだから、今回のワールドカップでも、日本の快進撃は起こるのだ、と思って記したのではない。次のオランダ戦に勝てるとも考えてはいない。

ただ、ただ・・・

決勝戦の日程は、7月11日だというのだ。この日は、いわずと知れた、参院選の投票日。そして、今大揺れの大相撲夏場所の初日でもある。

こういう日があるのだなあ。神さまが特別に選ばれた日が。。。

よろしければ、一日一回のクリックを!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (1) | トラックバック (0)

祝!魁皇1000勝おめでとう 頑張れヒロ君 ファン考

毎年、毎年 いや、毎場所、毎場所 いやいや、毎日、毎日 が剣が峰。何がって、我らがヒーロー ヒロ君こと魁皇。
その魁皇が、23日の夏場所千秋楽で、琴欧州を寄り切りで下し、序ノ口以来の通算勝ち星が1000勝に達した。千代の富士(1045勝)に続いての史上2人目の快挙だ。大鵬も北の湖も為し得なかった大記録。彼のファンになって久しいが、最初にも記したように、ここ何年も、これでおしまいかと思うことが続いていた。今日の大一番も、取り組み前から魁皇コールが沸き起こり、勝負が終わってからも余韻冷め切らず、まだどよめきが会場を覆っていた。既に優勝は決まっていたとはいえ、千秋楽の結びの一番の白鵬-日馬富士戦よりもはるかに盛り上がった。

地味だが、今場所は“幕内連続在位100場所”という、おそらくこれも今後破られないだろうという記録も打ち立てた。次は千代の富士の1045勝!45勝か!もう一場所で10勝は望めぬから、後1年は現役を続ければ不可能ではなくなった。
 ガンバレ!ヒロ君。

クリックお願いします。
⇒ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

感謝と使命感

日本中の期待を一身に集めた鳴り物入りのドリームチーム“星野ジャパン”は惨敗で終わった。誰も負けようと思ってはやってないだろうし、精一杯プレッシャーの中で頑張ったんだから、その健闘はたたえないと、とは思う。しかし、星野監督の采配や野球界全体の取り組み方に関しては考え直さないといけない点があるように思える。

星野監督は常々「最後は“気持ち”の勝負になる」と言っていた。主将の宮本は準決勝で韓国に負けたときに「韓国のメダルに対する強い“気持ち”を感じた」と言ったと報道された。でもそこでの“気持ち”って一体何なのだろうか。

あるサイトには、その気持ちというのは、「勝ちたい」とか「世界一になりたい」という“欲”に過ぎないのではないかと書かれてある。

更に、そこには金メダルを獲得した女子ソフトとの比較がなされていた。女子ソフトの選手は、あるメンタルトレーニング、正式には『ブレーントレーニング』と言うのだが、その訓練を行なったそうだ。

それによると、究極のエネルギーとなるのは、「脳を素直にすることで得られる力」だそうだ。自分のためにだけ頑張っているときの脳は素直じゃない。その脳を周囲への感謝の気持ちを持たせるようにすること、そして金メダルを獲ることも自分のためではなく、子どもたちに夢を与えるためなのだと思うことで、脳に使命感を持たせることが脳を素直にし、エネルギーを得るのだ、とある。

具体的には、お世話になった人に挨拶に行ったり、エースの上野由岐子選手は、高校時代の恩師の墓参りに行ったという。脳を素直にする。それは、自分の名声や欲望を満足させることではなく、感謝と使命感を持つことだそうだ。

そりゃそうだ。自分の欲を満たすことでは、力は出ないと思う。自分を支えてくれている人がいることを思う時に感謝な心が起こり、自分のやっていることには意味があることを知る時に、力やエネルギーが起こるのだろう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

佐賀北 “がばい”優勝!

中継を見ることは出来なかったのだが、夕方ネットのニュースを見て驚いた。勢いにのっているから、“もしや”とは思ったが、こんな“絵に描いたような”逆転勝ちをするとは・・・。決勝戦での逆転満塁ホームランは史上初だとのこと。それも8回裏、それまで1安打に抑えられていたのだから、これこそ“がばい”優勝と言えるだろう。

今年の高校野球は、特待生問題に揺れた。多くの選手が学費免除などの待遇を受けたことを学生野球憲章違反とされた。そんな中で全国のトップに立ったのは、特待制度や野球留学とは全く無縁の佐賀県の県立高校だった。18人全員が地元中学の軟式野球部の出身だという。平日の練習時間は3時間で、グラウンドはサッカー部と分け合って練習しているという公立高校。

やれば出来る!そんな勇気を与えてくれた佐賀北校の優勝だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゴルフ最年少15歳V

昨夜のスポーツニュースを見ていてたまげた。

男子プロゴルフツアーで15歳の石川遼選手(杉並学院高校1年)が優勝した。当然アマチュアでの参加。しかもツアー初参加だという。女子では宮里藍が18歳で優勝しているが、男子では確かテレビで中島常幸の21歳の優勝が記録と言っていたから、とんでもない。海外でも欧州で18歳9ヶ月で優勝した選手がいるとのことだから、大幅も大幅、ちょっと考えられないような優勝だ。

父に付き合って小学校1年からクラブを握り、中学2年の時に全国中学校ゴルフ選手権で優勝。プロゴルフツアーでの高校生優勝を目指して、その第一歩として、今回初めてマンシングウェアオープンに参加したのだそうだ。

その第一歩がツアー優勝だというのだから、いったいどういうことなのか。石川選手もすごかったのだろうが、他のプロ選手もちょっと・・・とも思ってしまう。

終止攻めのゴルフに徹したことがよかったよう。プレッシャーのかかる終盤戦でも、その姿勢は変わらなかった。怖いもの知らずだったのだろうか。いずれにしても、すごい選手が現われたものだ。

| | コメント (0)

ハマのおじさん 工藤公康ガンバレ!

工藤公康株があがっている。FAでジャイアンツに移籍した門倉投手の人的補償のプロテクト28人枠に入らなかったことで、横浜から指名を受け、移籍が決まった。ジャイアンツとは年棒のことで合意に至っていなかったようではあるし、43歳という年齢を考えれば、将来的なことを見据え、若手をプロテクト枠に入れたことは常識的な判断ではあろう。ジャイアンツ内での構想がそこにはあったのであろう。しかし、横浜にとって大きな戦力となることは確かだ。

工藤は愚痴っぽいことを一言も言わず、チームの判断も当然なことであるし、自分はどこであっても野球がやりたいだけだと言ってのけた。聞きようによっては、優等生過ぎるし、そこには損得勘定も働いてのことかもしれない。

しかし、・・・である。

そうだ。だが、しかし である。

それでも言いたいことはいっぱいあったと思う。工藤は大のジャイアンツファンだというから、未練もあっただろう。しかし彼は、その気持ちを引き摺らず、きれいさっぱりと新しい歩みを始めた。潔いほど、天晴れだよ、工藤君。私はダイエーファンではないが、君がホークスを去る時のこと、そして選んだのがジャイアンツであった時には、正直言って、ガッカリしたし、腹立ちさえ感じた。

年棒2億円ダウン(史上最高減額)、43歳での新天地でのスタート。これは全く甘いものではない。それでも、気持ちを切り替えて歩み出した工藤公康を応援しようと思った。そして、同じ思いとなっている人間は大勢いるだろう、特に、

おじさんたちは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)