カテゴリー「あっぱれ!」の4件の投稿

嗚呼 新藤兼人監督

先週火曜日の5月29日に映画監督の新藤兼人氏が亡くなられた。享年100歳。現在の邦画界は言うに及ばず、日本映画史上最高齢の監督であり、世界的に見ても、ポルトガルのマノエル・ド・オリヴェイラ(現在103歳)に次ぐ存在だといえ、世界的にも特異な映画監督であった。

新聞で「新藤兼人の凄いのは、最晩年に自身の最高作と言える作品を遺したこと」とあるのを読んだ。

映画監督は激務である。
現場に立ち会わずに、指示をだけを出すことでも、映画を監督することも可能ではあろうが、新藤兼人は現場にこだわって、98歳で生涯の代表作となった『一枚のハガキ』を撮り上げた。

多くの著名な名監督と言えど、その晩年の作品の中には、作品的に落ちるものもあり、最高作と言えるのは、脂がのりきっていた時期のものであろう。

その旺盛な制作力には舌をまくほどである。脚本家としては『安城家の舞踏会』『わが生涯の輝ける日』(吉村公三郎監督)、『裸の太陽』(家城巳代治監督)『しとやかな獣』(川島雄三監督)、『けんかえれじい』(鈴木清順監督)、『軍旗はためく下に』(深作欣二監督)等々のそれぞれの監督の代表作と言える作品を始め、テレビドラマ、演劇作を含めると、370本に及ぶという。

生家は広島県の豪農であったが、14歳の時に父の破産により一家は離散した。21歳の時に居候していた兄の家で観た山中貞夫監督の『盤嶽の一生』に魅せられ、映画人として歩むことを志すが、道は狭く、映画人としてのキャリアのスタートが、新興キネマ現像部のフィルム乾燥の雑役の仕事だったというのも、苦労人新藤兼人を象徴するものと思える。その後美術部を経て、溝口健二監督に師事し、松竹大船撮影所の脚本部に移るが、終戦間際の1944年に32歳で召集され、翌年終戦を迎える。この時の自分よりずっと年下の上等兵に連日殴られ続けたことや、軍艦の無い海軍での理不尽な訓練の毎日は、60年後に『陸に上がった軍艦』として制作された(証言と脚本)。

終戦後脚本家として成功をおさめるも、松竹首脳部から「新藤の脚本は社会性が強くて暗い」と言われたことに反発。松竹を退社して、独立プロの先駆けとなる近代映画協会を設立、大手の資本によらず、独創的で高い作家精神を保ち、旺盛に監督として作品を生み出した。

戦後初めて原爆を取り上げた『原爆の子』、米国の水爆実験に取材した『第五福竜丸』、広島原爆で被爆し全員が命をおとした移動演劇隊の桜隊を描いた『さくら隊散る』、体調不良のため監督は出来なかったが、自身の戦争体験から、戦争の愚かさを訴えた『陸に上がった軍艦』。
19歳で連続殺人事件を犯した永山則夫の『裸の十九歳』、家庭内暴力に明け暮れる息子を父親が絞殺した実際の事件を扱った『絞殺』、社会問題化したいじめ問題を訴えた『ブラックボード』杉村春子と彼の実際の長年のパートナーであった乙羽信子を迎えて「人間の老いと生」を描いた後期の代表作と言える『午後の遺言状』、それぞれの時代と社会をテーマにした監督作が並ぶ。

また、自らの映画の師匠である溝口健二を取材し、自身が39人の関係者へのインタビューをまとめた『ある映画監督の生涯 溝口健二の記録』、津軽三味線の名人高橋竹山の苦難の生涯をドラマ化した『竹山ひとり旅』、盟友殿山泰司に取材した『三文役者』、文豪永井荷風の私小説を原作にした『墨東綺譚』等
これらはいずれも独立プロ作品として、資金繰りに苦労しながら、自らの脚本を監督した。

新藤兼人は、全く天才ではない。器用なタイプの監督でもない。ただ真摯に徹底的に題材に向き合い、映画にすることに拘った映像作家である。その新藤監督の映画作りにこだわった人となりの象徴的な作品が『裸の島』であろう。

1960年制作のこの作品は、資金がなく、近代映画協会の解散記念作として、キャスト二人(乙羽信子と殿山泰司)とスタッフ11人で瀬戸内海ロケを350万円(550万とも)の低予算で敢行したモノ。セリフの一切ない実験的な無言劇。解散記念作のつもりであったのが、モスクワ映画祭でグランプリを獲ったことで、各国から上映のオファーが舞い込み、最終的には世界62か国に上映権が売れ、それまでの借金を返済出来たため、解散をまぬかれ、現在に至っている。

98歳にして、遺作となった『一枚のハガキ』
新藤監督の最高作と評判も高く、キネマ旬報始め、昨年のベストワンに選出されているが、私はまだ未見。高知のレンタルショップでは、各店に一本しか置かれておらず、残念ながらずっと貸し出し中。監督の死により、ますます借りにくくなってしまうだろう・・・予約しておこうか。

戦争の記憶が風化しつつある昨今、平和を訴え、戦争の愚かさを、一貫して訴え続けた、映画人新藤兼人さん

あっぱれ!である。

お読みいただいて感謝します。クリック下されば励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奇跡の映画館 大心劇場

重苦しい記事が続いたので、ここで心温まる話題を一つ!

高知県に奇跡の映画館がある。

現在の日本の映画興業を牛耳っているのがシネコンことシネマコンプレックスであることには誰も異存はないであろう。もう、シネコンの一人勝ちの様相を呈している。すなわち、シネコン以外の映画館(都会の単館系のミニシアターの中にはそうでもない館もあるかもしれないが)は、都会であっても経営が成り立たないのが現状なのだ。京都の友人の話によると、京都市内でも、シネコン以外の映画館は、ピンク館が1館、ミニシアター系が1館、そして名画座が2館だけで、私が通っていた老舗のロードショー館はみんな閉館されたそうだ。

高知県には、あたご劇場という、これまた、昭和を感じさせてくれるレトロな映画館が高知市内にある。この館についてもいつか記そうと思うが、ここに紹介するのは、人口3000人の安芸郡安田町にある、その名も

 大心劇場!

以前から、一度訪れたいものと念願していたのだが、この大心劇場は毎日上映されているわけではない。イレギュラーに上映されることで、なかなか日程が合わなかったので、これまで行く機会を逸していた。

今回(先月の19日)に高知県の自主上映映画祭の「シネマの食堂」に参加され、先月19日~24日まで、昼夜2回(午後1時・7時)上映がなされた。上映作も、35年前の山田洋次監督の『同胞』というのが素敵だ。

安田町は、高知市の東南に車で約1時間半。それだけでも、今時そんなローケーションの人口3000人の町にある映画館が全国にどれほどあるだろうか。。。

しかも大心劇場は、その安田の町から20分ほど山の中に入ったところにあるのには本当に驚かされた。 何せ、デジカメを持っていない身なので、 この記事をご覧いただきたい ココ

当日は、上映時間よりかなり早く行ったので、館主の地場産シンガーの“豆電球”こと、小松秀吉さんにいろいろとお話を伺うことが出来て、とても楽しかった。

「まだまだ頑張れるところまでやっていきたい」

小松さんはそのようにおっしゃる。これからも出来る限り通って応援したい思いを強くした。

お読みいただけて嬉しいです。 大心劇場を応援したい方、是非クリックを!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あっぱれ!綾戸智恵

昨日の“スタジオパークから こんにちは”に綾戸智恵が出ていた。

私はこの人については、あまり知らず、「しゃべりが強烈な大阪のおばちゃんやけど、本職はジャズシンガーなんだって」というくらいにしか思っていなかった。しかし先月観た映画(『60歳のラブレター』)での演技が素晴らしかったので、気になる存在になり始めていたのだ。

この映画、3組の熟年カップルの物語で、その中でイッセー尾形と魚屋の夫婦を演じた綾戸智恵のことは、とても印象に残った。これが実質的に映画初出演だとは思えない好演だった。これまでの彼女の生きてきた歩みと人柄がにじみ出るような役柄で、私はこの大阪の“おばちゃん”に興味をもったのだ。それで、鑑賞後に、彼女について調べてみると、彼女はクリスチャンであり、お母さまの介護に専念するため昨年からツアーコンサートの活動を休止していることを知った。

私は別にクリスチャンであるかどうかで、役者やミュージシャンの評価を変えようとは思わないが、社会の様々な分野でクリスチャンが活動しているのは嬉しく思うし、ましてや、その人が輝いていることは感謝なことである。

“スタジオパークからこんにちは”でも、綾戸智恵パワー炸裂だった。コテコテの大阪弁のトークはジャズシンガーというよりも漫才師のようで、とにかくよくしゃべる。でも、ふざけたところが全く感じられず、全力で生きてきた(生きている)人間の語りであった。彼女、ああ見えて、自己節制はすごく、体脂肪率はアスリートもびっくりの9%だというのには驚かされる。

「明日があるのは、今日があるから」
「介護しなければ次の人生がないと思う」

信仰ある人間の言葉である。聖書の言葉が連想される。

5年前に脳梗塞で倒れられたお母さんの介護のために、無期限でツアー活動を休止した。しかしそのことを恨んでいるような様子は全くなかった。介護の状態も“要介護4”までいっていたというから、日常生活の全面的な介助が必要であったろう、それも24時間の。トークの中でも「24時間背後霊のように付き添っていた」と言っていた。しっかし、この人、明るいんだわ。挫けそうになったことも正直あったというが、試練や困難が、自分にとって何であるのか、どんな意味があるのかを考えているのだろう。

印象深い言葉は他にもあったが、「『ちょっと、おかあちゃん見といて』ゆうて、そこら辺にいる人誰でも捕まえて頼んだらエエんやわ」。 これも簡単なことに見えて、なかなか出来ることではない。独りでは生きていけないことを重々分かっている人間にこそ出来ること。キリスト者としての綾戸智恵の生き方をが垣間見えた。困難な状況を心から笑い飛ばすことはできないだろうが、それさえも前向きに捉え、笑顔で乗り切っていく。そこにはイエス・キリストに対しての信仰があったればこそだろう。「何故そこまで出来たのか」との質問にも、彼女は一言も、神やキリストのことを持ち出しはしなかったけど、十分にキリスト者の姿を示していた。

このオバちゃん、ホンマに強い人やわ。おのれの弱さをよー知ったはるわ。

あっぱれ!綾戸おばちゃん、祈ってるでー!。

お読みになった、是非クリックを ⇒ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あっぱれ!ジュリー 『我が窮状』

昨日ふとつけたラジオでジュリーこと沢田研二の曲がかかっていた。私は格別に彼のファンというわけではないが、彼が去年表題の曲を発表してから秘かに(?)応援している。

これは憲法九条への思いを歌ったもので、直接歌の中で“九条”とか“平和”という言葉は出て来ず、隠喩になっている。

『麗しの国 日本に生まれ 誇りを感じているが    忌まわしい時代に 遡るのは 賢明じゃない     英霊の涙に変えて 授かった宝だ           この窮状救うために 声なき声よ集え         我が窮状守りきれたら 残す未来輝くよ』

「60歳になったら、言いたいことをこそっと言うのもいいかな、と。今憲法は、改憲の動きの前でまさに“窮状”にあるでしょう。言葉に出さないが九条を守りたいと願っている人たちに、私も同じ願いですよというサインを送りたい。」と言っているそうな。

あっぱれ、ジュリー!でも、貴方が歌えば“こそっと”にはならないですよ。貴方には“反体制”のレッテルが貼られてしまいますぞ。でも、時代に迎合し権力者になびく“御用聞き”タレントが多い中で、貴方の生き方にはエールを送りたい!

あっぱれ、ジュリー!

ブログランキングに参加しています。よろしければ、応援のクリックお願いします。⇒ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)