« ドンピシャ! | トップページ | 超教派 »

『劔岳 点の記』 『愛を読むひと』

最近観た映画をまとめて2本  たまには辛口のコメントを ( ̄ー ̄)ニヤリ 

『劔岳 点の記』

名カメラマン木村大作の初監督作ということで、お手並み拝見と思ったが・・・

明治43年(1907年)日本地図の中に最後の空白地があった。北アルプスの立山連峰の一つで、今でも「一般登山者が登る最も危険な山」とされている、劔岳山頂がそれ。当時はその山頂は何人たりとも足を踏み入れていない未踏の地とされていた。この難関に挑む命を受けたのは、陸軍参謀本部陸地測量部の柴崎芳太郎(浅野忠信)。彼とそのチームは現地民で山を生活の場として知り尽くす宇治長次郎(香川照之)を案内人にして、帝国陸軍の威信をかけて、登頂と三角地点設置に挑むのだが・・・

カメラマンとして著名な木村氏であるが、演出においてはどうかなと思っていた懸念があたってしまった。CGに頼らず、オールロケにこだわった姿勢とチャレンジ精神は高く評価出来る。映像の見事さ、山の荘厳なほどの美しさは素晴らしく、その労力は実を結んだようにも思える。

しかし、である。そうだ、だが、しかし である。

当たり前のことだが、この作品は“劇映画”である(はず)。劔岳の紹介フィルムでもなければ、また柴崎チームの偉業達成を称える映像でもない(はず)。更に手厳しいことを言えば、この映画の公式サイトにおいて、クローズアップされているのは、撮影隊の苦労を追いかけた映像“撮影の記”や監督始め関係者のキャンペーンのための全国行脚の様子なのだが、ちょっと待ってよ、木村監督さん(監督だけでなく、この映画関係者の皆さん)、それって、言うべきことなの。ネット記事の映評の中には、「そうした裏話と作品の出来は切り離すべきだし、まるで自分たちの苦労を“売り”にしているかのようだ」というものもあった。同感である。

確かに過酷な山の風景や、山頂あたりからの日本海の様子が映し出される映像は一見の価値があるとは思う。でもそれなら、山の自然を映したドキュメンタリーを撮ればよいのだし、少なくとも私はそういったことを期待して、鑑賞したのではない。柴崎隊の物語である原作(同名・新田次郎著)を題材にしたのだから、もっと物語として盛り上げることが出来たと思う。はっきり言って、その辺りが中途半端。劇映画としての脚本が絞り込めていないのだろう。男たちの偉業の物語とそれにまつわる逸話の劇映画を撮ろうとしたのであれば、映像の美しさは良いとしても、撮影の過酷さや苦労を売りにすべきではないし、物語が粗すぎる。裏側でどれほどの苦労と努力があろうとも、それを見せない、気づかせないのがプロの仕事なのでは!監督さんの意図はそんなものではなかったのでしょうがね。

しかし、初監督作としては十二分に質の高いものであり、また、俳優たちの演技にも見るべきものがあった。香川照之は相変わらずの役者ぶりだし、私は特に浅野忠信に関しては彼へのイメージが変わった。寡黙だが意志と責任感の強い柴崎芳太郎のような人物像を演じきれる役者だとは思っていなかったので。

次回作への期待を込めての辛口コメントでした。 

『愛を読むひと』  

ネタバレあり、未鑑賞の方はご注意!

上述の『劔岳・・・』同様に、このドイツ・アメリカの合作品も、世界的ベストセラー小説の映画化作。

1958年、街中で突然発病した15歳の少年マイケルは、見知らぬ年上の女性のハンナに助けられ、すぐに彼女へ恋におちいる。ハンナはマイケルを“坊や”(年齢差21歳)と呼び、二人は会うたびに激しくお互いを求め合う。逢瀬の度に本の朗読を“坊や”にせがむハンナであったが、ある日忽然とマイケルの前から彼女は姿を消す。8年の歳月が流れ、法科の学生となったマイケルは意外な場所でハンナと再会することとなる。それは授業の一環で訪れたナチス戦犯法廷で、その被告席にハンナは座っていたのだ。自らのある秘密を明かさないハンナは、無期懲役の判決を受けることとなった・・・

前半は『青い体験』バリのウブな少年の“ひと夏の体験”話で、ハンナ役のケイト・ウィンスレットの脱ぎっぷりの良さが話題となるも、6度目のノミネートで射止めたアカデミー主演女優賞受賞も納得のいく好演である。私は、これまで注目する女優ではあっても、彼女に女性としての魅力を感じることがなかった。彼女の演技を評価しつつも、私の眼には、『タイタニック』では田舎のイモ姉ちゃん、『レボリューショナリー・ロード』でも、美男美女の理想の夫婦どころか単なる我がまま女としか映らなかった。が、この映画では、15歳の少年にとってだけでなく、全ての(?)男性をひきつける魅力たっぷりの女性であることに眼を開かされた。特に、最初の出会いの時の彼女の着替えのシーンの色気はゾクッとさせるだけのものがあった。

彼女が何が何でも明かさずにいた秘密とは、“非識字者”であったこと。読み書きが出来ないことで、どれほど肩身の狭い思いをし、仕事さえ選べなかっただろうことは想像に難くない。収容所の女看守をせねばならなくなり、上からの命令に従順に従うしかなく、多くの人の命を奪う罪を犯すことになってしまったのだろう。その苦しみは、余人には理解できぬものがあったことだろう。しかし、それにしても、あの場面で「私は字は書けません」と一言言えば済むのに、と観ている私は思ってしまった。

長い服役期間を終え釈放されることを知って庇護を申し出たマイケルの存在もあり、出所後の再出発の道は開かれたと思えたのだが、彼女は釈放直前に自らの命を絶つ。その理由は、はっきりとは描かれない(原作でも、と聞く)ので、想像するしかないのだが、失った時間は取り戻せはしないのだろうし、彼女の受けた傷と出所後の不安はこれまた余人には、はかり知れないものがあったのだろう。冤罪事件のことなどを考えざるを得なかった(ピンとはずれかもしれないが・・・)

当初は、二コール・キッドマンがハンナ役に決まっていたそうで、急遽(かな?)ケイト・ウィンスレットに変更になったと聞くが、それが功を奏したと思う。ハンナ役は彼女でしょう!二コール・キッドマンの“非識字者”役はちょっと考え難い、と思うのは私だけではないのでは。主演女優賞受賞は全く納得で、この映画は、ウィンスレットの映画だと思えるほどだ。

大人になってからのマイケル役のレイフ・ファインズも、憂いを秘めた表情など、ピッタリだったと思う。“坊や”時代を演じたドイツ生まれの新人(デヴィッド・クロス)も、“ひと夏の経験”に心躍らせる少年を上手く演じている。ただ、青年弁護士役には、ちょっと・・・かな。

この映画のポイントは、ハンナが“非識字者”であったこと。だからこそ、本の朗読にこだわり、そこに単なる楽しみを超えた、ある意味彼女の生きる全てがあったことを思うと、この邦題はいただけない。原作のタイトルのように、そのまま『朗読者』の方が、百倍、いや万倍良い。『朗読者』では味気ないと思ったのか、「愛」を持ってきたのであろうが、全く安易だと思う。ハンナがマイケルの朗読に求めたのは愛だけではないし、特に刑務所のハンナにマイケルが朗読テープを送り続けたのは、愛という言葉でだけ片付けることの出来ない、感情であったと思うから。

この辺りの、マイケルのハンナに対しての思いを描くのが少し乱暴というか、丁寧さが欠けている。かつて愛して深い関係になった年上の女性が、憎むべきナチスの一員であったことに苦しむ様が、観客(私と言った方がよいのかな?)に伝わって来ない。ナチスの犯した罪の跡地(強制収容所の戦跡地?)を訪れる様子がさりげなく挟み込まれているが、あれでは、複雑な彼の心情が描ききれてないとしか言いようがない。

しかし、時代は変わったのだということを痛切に感じさせられる。今までのドイツの戦争関連の映画において登場するナチスの人間は、ステレオタイプの極悪非道な異星人のような描き方でしかなく、苦しみ葛藤する所謂“普通の人間”としての視点がなかった。それが戦後60年が経ち、ドイツ人も感情を持った生身の人間として登場するようになったことは、新たな時代に入っていることを再認識させてくれた。一昨年の『善き人のためのソナタ』然り、『戦場のピアニスト』然り、である。

ただ、「言わずに死ねるか」ではないが、これだけはどうしても言っておかねばならぬことがある。それは残念というのを通り越して、個人的には憤りさえ感じるほどのことなのだが、

何故、英語映画なのか・・・

この話は、ドイツで起こったドイツ人の物語ではないのか!!  (`^´) 私は原作を読んではいないけれど、原作者(ベルンハルト・シュリンク)はドイツ人(今の時代、何人であるかは決定的なことではないだろうが)であり、ドイツで出版されたことからしても、ドイツ語で書かれた小説であることは明らかであろう。それを英語に替えてしまったのでは、おはなしにならないと思う(信じる)からである。

カトリック信者であったメル・ギブソンは、キリスト受難を描いたあの『パッション』を、当時のユダヤ人が日常的に用いていたアラム語の台詞を復活させて撮ったし(ローマ兵にはラテン語を話させる徹底ぶり!)、今年公開の『チェ・二部作』では、監督のスティーヴン・ソダーバーグはスペイン語は解せないにもかかわらず、スペイン語で撮りきった。ソダーバーグは「ゲバラの映画を撮るのに、スペイン語でなければ何の意味もなくなる」と述べている。まっっっっったく同感である。60年経ったとは言え、ドイツ人の国民感情への配慮や、制作上の裏事情があるのかもしれない。また、市場を意識して(特に米国)の戦略(制作費等の金銭面から)があるのかもしれない。

そう言った諸々の一般観客の与り知らない事情があるのかもしれないが、それでもやっぱり、ドイツ語で撮って欲しかったし、いや、ドイツ語で撮るべきだったと、私は思う。これだけのスタッフとキャスト、そして題材の映画なのだから、そのことが残念でならない。

映画をご覧になった方、またご覧になっていない方、私の感想に共感されること、また違う感想や反論を持たれた方、等、広くコメントをお待ちしています。そして、もしよろしければ応援のクリック下されば感謝です。⇒ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

|

« ドンピシャ! | トップページ | 超教派 »

映画」カテゴリの記事

コメント

まこさん、ご訪問、そしてコメントありがとうございました。
今回の2本の映画は期待感が大きかっただけに、何とも残念な思いが心に残りました。映画のディテールは重要です。特に史実を題材にしたものであるならば、時代考証が不十分であれば、それだけで信憑性のない物語となってしまいます。勿論、考証だけを追及しても映画にはならないことは言うまでもありませんが…
たとえば、この『劔岳…』の長次郎が英語でセリフを言っていたらどうしょうか、彼のあの朴訥とした役柄が台無しになってしまいます。だから残念なんだなあ…
でもやっぱり、映画って良いですね。ありがとうございました。 

投稿: ヒラリン | 2009年7月 7日 (火) 05時54分

うちの息子と娘が観て来ました
そして、どうして、あそこで、字が読めません
と言ってしまわなかったのか理解できない
と、やはり言っていました
主人がどうしてもスタートレックが観たいと言うので、私はそちらに付き合いました
記事を読んで、時代が変わったことや、ドイツ語で撮って欲しかったこと、共感しました!!

投稿: まこ | 2009年7月 6日 (月) 23時13分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『劔岳 点の記』 『愛を読むひと』:

« ドンピシャ! | トップページ | 超教派 »