« あ~あ! | トップページ | やっぱ、野球中継は解説者やねぇ わたしのお気に入りの解説者たち »

私のこだわり①“珈琲” その弐

インスタントコーヒーを飲まないことは前回書いた。
私はインスタントコーヒーと珈琲は別ものだと思っている。これによってコーヒーが手軽に飲めるようにはなり、身近になったのかもしれない。
しかしインスタントラーメンとラーメンとに一線が引かれているほどには、珈琲に関しては別物扱いされていないように思える。これは珈琲好きには甚だ迷惑なことで、頭が痛い問題なのだ。
「ラーメン食べますか」と言って、インスタントラーメンが供されることはあまり無いと思うのだが、これが珈琲になると話はかわる。
「珈琲飲みませんか」と勧められて、「はい」と答えた私の前に何度インスタントコーヒーが出されてきたことか。それなら最初から「インスタントコーヒー」と言ってもらえれば、答えは当然違っていたのである。
世の多くの人の頭の中にはインスタントコーヒーと珈琲は同じ範疇のもので、インスタントも珈琲の一つの種類であるかのような扱いである。インスタントコーヒーは珈琲ではない、別な飲料だと思うのだが・・・

Vin珈琲のマスターはよく言っていた。
「珈琲はこうあらねばならないとか、こうすべき、という絶対はない。本人が飲みたいように飲めばよいのだ」
砂糖もミルクも置かない店のマスターの言う事ではないだろう、と突っ込みを入れたくもなるが、言いたいことは分かるし、その通りだと思う。淹れ方の正解や飲み方の王道はないのだ。一人ひとりが自分の好みとスタイルを持てばよいこと。

それにしても、珈琲の世界は奥が深い。一度はまれば、こだわりだしたら、抜けられない。
私は、豆を自分で買って、ミルで挽き、ペーパードリップで淹れるのだが・・・
ここまでで、もう既にいくつかの分かれ道がある。
・豆の種類の選定
・豆の煎り方(深・中・浅煎り)
・豆の挽き方(細・中・粗挽き)
それら一つひとつを変えれば、それぞれに味が異なる(ように思える)。
だから、豆をモカにしたところで、中煎りか深煎りか、また挽き方はどちらか、という具合に組み合わせによって味は異なってくる。これに豆の種類を重ね合わせれば、その組み合わせだけでは宇宙的なほどの広がりとなる。
で、それに淹れ方が加わる。湯温は?蒸らし時間は?抽出時間は? それぞれによっても違いが出る(らしい)。
そして決定的に重要なことに、湯の注ぎ方がある。湯は出来るだけ、細く静かに、落ちる湯で粉を掻き回さずに注ぐことがコツだとよく言われる。
これ以外にも水はどんな水か、豆の保存方法、ドリップと言っても、フィルターは台形それとも円錐形?等々
こだわり出したらきりがない。マニアの世界どころか、病気とも言える領域になる

私は、どちらかというと、酸味よりも苦味が好みなので、種類ではマンデリンやジャワ系、焙煎は深煎りか中深煎り、挽きは中挽きが基本だが、苦味を生かしたいので細挽きも
と、言葉にすると、こうなるのだが、人間の好みと言うのは、変わるもので、酸味が強くてもすっきりしたコスタリカ産を好んだこともあるし、粗挽きで飲んでみたら、意外とおいしく感じたりもするのだから、いい加減だ。
そうなのだ。同じ豆を同じように淹れたとしても、その時の心や体の状態によって、味が違うように感じるのだ。

だから、珈琲に王道はない、のだと思う。

でも、美味しい珈琲が飲みたい!これが、私の願いであり、こだわりなのだ。

ブログランキングに参加しています。よろしければ、クリックおねがいします。 ⇒ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

|

« あ~あ! | トップページ | やっぱ、野球中継は解説者やねぇ わたしのお気に入りの解説者たち »

私のこだわり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私のこだわり①“珈琲” その弐:

« あ~あ! | トップページ | やっぱ、野球中継は解説者やねぇ わたしのお気に入りの解説者たち »