« 教派間の違い | トップページ | とりとめもなく 雑感 »

ゴルフ最年少15歳V

昨夜のスポーツニュースを見ていてたまげた。

男子プロゴルフツアーで15歳の石川遼選手(杉並学院高校1年)が優勝した。当然アマチュアでの参加。しかもツアー初参加だという。女子では宮里藍が18歳で優勝しているが、男子では確かテレビで中島常幸の21歳の優勝が記録と言っていたから、とんでもない。海外でも欧州で18歳9ヶ月で優勝した選手がいるとのことだから、大幅も大幅、ちょっと考えられないような優勝だ。

父に付き合って小学校1年からクラブを握り、中学2年の時に全国中学校ゴルフ選手権で優勝。プロゴルフツアーでの高校生優勝を目指して、その第一歩として、今回初めてマンシングウェアオープンに参加したのだそうだ。

その第一歩がツアー優勝だというのだから、いったいどういうことなのか。石川選手もすごかったのだろうが、他のプロ選手もちょっと・・・とも思ってしまう。

終止攻めのゴルフに徹したことがよかったよう。プレッシャーのかかる終盤戦でも、その姿勢は変わらなかった。怖いもの知らずだったのだろうか。いずれにしても、すごい選手が現われたものだ。

|

« 教派間の違い | トップページ | とりとめもなく 雑感 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 教派間の違い | トップページ | とりとめもなく 雑感 »